ぷち豆知識

2022-06-28 13:15:00

のし袋の折り方と向き

今回の案外知らない日本の風習は

仏事における「のし袋」の裏‼️ 

62C8D876-A42E-4F77-8104-51132885C057.jpeg

 

上折と下折、折った時にどちらが上に来るのでしょう?

気にしないか?悩む人が多いのでは?

 

83C52DC6-4183-4CE0-B0A5-A17857CD3E61.jpeg

 

のし袋の外包みの折り方も、慶事と弔事では異なります。

慶事の場合は下折が上、弔事の場合はその反対で上折りを上側にして閉じてください。

7982EBE3-E6E1-4448-A8F1-2F2854038478.jpeg

 

お金の入れ方は慶事と弔事では違いがあります。

御祝儀は新札を準備して、お札の人物の顔部分が上に来るように入れます。

弔事は新札を使いませんが、新札しかない場合は一度折って使います。裏にして人物が下になるように入れます。

この様に違いがありますので、ご注意下さい。

 

396776D8-A056-4F63-BE1E-8C1AEA3B0CB6.jpeg

 

金額の書き方は、金額は旧字体の漢数字で書きます。

 

一 → 壱

二 → 弐

三 → 参

五 → 伍

十 → 拾

千 → 仟又は阡

万 → 萬

などなど、参考までに!

 

3454040A-9E3F-4226-BCB9-361DE9038AAE.jpeg

 

案外知らないシリーズ「のし袋」でした。

#雑学 #雑学大好き #のし袋 #折り方 #慶事 #弔事 #仏事 #熨斗 #熨斗袋 #日本の文化 #日本の風習 #japan #japanculture #japanese #葬儀 #法事

2022-06-14 08:05:00

お団子の謎

葬儀や法要の際に、お供えされているお団子のヒミツと謎?
多くの方が葬儀や法要にで供えられている団子の意味を知らないと思います。
34168E17-E889-4F67-AFA3-51BD521F940F.jpeg
葬儀の際に亡くなった方へお供えする、うるち米の粉で作った団子のことを「枕団子」と呼びます。
枕団子は、お釈迦様がお亡くなりになる間際に、ある弟子がご飯を用意し、お釈迦様に差し出しましたが、お釈迦様はそれを食べることなく旅立たれてしまいます。
弟子は残ったご飯をお団子にし、お釈迦様の死後にお供えしました、という逸話をもとに枕団子をお供えするようになったといわれています。
現代では「旅路の中でお腹が空いた時食べてほしい。」「空腹で困っている人に出会ったら団子を分けて徳を積んで欲しい。」と言う個人への想いが込められています。
枕団子をお供えする数は、地域の風習によってお供えする個数が変わります。
6個
人は死を迎えると成仏するまで四十九日間、六道の地蔵菩薩を廻ります。
六道とは、輪廻する迷いの世界です。人は生まれ変わる度にこの六道の何処かに生まれます。
地獄道の檀陀、飢餓道の宝珠、畜生道の宝印、修羅道の持地、人道の除蓋障、天道の日光、が待っています。
この険しい道のりを、この世に残された者から、「無事に辿り着き悟りを開くまでの間、お腹が空いたら食べて欲しい。」との願いや、上記の六地蔵を前にしたとき、ひとつづつお供えするという意味を持っています。
 
7個
7個のお供えする意味には、六道輪廻から脱し、極楽浄土へ生まれ変わるという意味を込め六道と極楽浄土の分で7個お供えする説です。
ほかに初七日から四十九日まで七日経つごとに死者の審理が行われます。
その数に因んで7つお供えするという説もあります。
死者の審理とは初七日・秦広王、十四日・初江王、二十一日・宋帝王、二十八日・五官王、三十五日・閻魔王、四十二日・変成王、四十九日・泰山王の順番で審理が行われます。
 
10個
故人が亡くなり今度は更に長い期間になり、十王仏信仰での初七日から三回忌までの「死者の審理」の回数による説です。
初七日から四十九日までの前出7回の審理で、もしも成仏できなかったとします。すると最後の望みで百ヶ日、一周忌、三回忌と三回の追加の審理が行われます。
十王信仰とは死者の審理を行う十王をお祀りし、死後の罪を軽くしてもらおうとする信仰です。閻魔大王もこの十王の一人で。五七日目の審判者として現れます。
 13個
枕団子を13個お供えする意味には、故人の魂を浄土へ導く十三仏にお供えするということです。
十三仏とは不動明王・釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・地蔵菩薩・弥勒菩薩・薬師如来・観世音菩薩・勢至菩薩・阿弥陀如来・阿閃如来・大日如来 ・虚空蔵菩薩をさします。
死者の審理を行う「十王」は菩薩や如来が姿をかえたもので、その元々の姿である「十仏」に「三仏」を加え三十三回忌まで仏をあてた十三仏です。
 49個
四十九日とは、故人の来世を決める重要な期間ですが、故人が亡くなり迎える大切な節目である四十九日にちなみ、葬儀にて49個用意する場合もあります。
また、四十九日に行われる法要で49個の枕団子を準備されることもあります。
CC3BB22B-20B1-4884-827A-504FF8E4CB06.jpeg
故人の年齢
故人が長生きした場合には、故人の年齢の数だけ枕団子をお供えすることもあります。
長寿の方の枕団子をお供えし、お下がりとしていただくことでお供えした人も長生きできるように願いを込めます。
飾り方や個数が分からない場合は親戚の方、地域の方、菩提寺のご住職、などに一度ご相談されるといいでしょう。
また宗旨により、お供えしないところもありますので、必ずご確認しましょう

 

2022-05-27 07:32:00

葬儀おけるマナー、流れ

誰もが気になる葬儀の流れ

マナー焼香の仕方など

どのようにすれば良いのでしょう!

7E27D582-9871-4038-A4B4-BF440FF95E74.jpeg

こちらの写真は高野山真言宗本山金剛峯寺が数年前に発行しましたパンフレットです。

焼香の仕方や、葬儀の流れ、簡単な説明が記載されております。

AB942509-8793-4B96-BB80-F4A33DEB9448.jpeg

参考までに見てください🙏

焼香やマナー、やり方は各宗派、各地域により異なりますので、ご注意ください。

 

2022-04-18 19:31:00

百箇日とは?

百箇日とは?

100日法要とは、卒哭忌(そっこくき)とも呼ばれ

終わる

悲しみに大声で泣き暮れる

この様な意味があり、100日法要を区切りとして、

遺族が日常生活を送り始める区切りの日

 (大切な人を失った悲しみや苦しみに別れを告げ、前に進むための大切な儀式)

また100日法要は、故人が閻魔さまから再審を受ける日を百箇日(ひゃっかにち)法要とも言い、

故人の魂がより良い救済を受けられるように、またその家のご先祖として祀られる最初の法要を、

遺族が供養を行うという意味があります。

新たなスタート、区切りの大切な法要

それが100日法要なのです。

皆様の祈り、大切な想い、感謝の気持ち

新たな生活がはじまりとなる日

2022-04-18 19:11:00

初七日から四十九日まで

初七日から七七日までの意味

初七日から七七日まで、故人がどの世界に行けるか、閻魔さまの裁判を

受け、徳を積む修行を行ったり、故人がお世話になった方々へお礼参りに行ったりする期間。

また残された者(遺族や親族)が法要をつとめる事により、

この世からあの世へ徳を送ることができ、故人の徳が増し、より良い世界へ

選び導かれるとされてます。

 

法要の種類      時期(死後)      どんな裁きを審査されるか

初七日 7日目 故人が三途の川を渡り、「泰広王(しんこうおう)」が生前の殺生について調べます。

二七日 14日目 「初江王(しょごうおう)」が生前の盗みについて調べます。

三七日 21日目 「宋帝王(そうたいおう)」が生前の不貞について調べます。

四七日 28日目 「五官王(ごかんおう)」が生前に嘘をついてないか調べます。

五七日 35日目 水晶の鏡に生前の罪状が写し出され「閻魔大王(閻魔大王)」が調べます。

六七日 42日目 「変成王(へんじょうおう)」が生まれ変わる条件を加えます。

七七日 49日目 「泰山王(たいせんおう)」が六つの世界の中から故人の行く先を選びます。

 

初七日から四十九日の法要を行う意味について

故人は、亡くなられた日を合わして49日の間、

後生(来世)を定めるための修行をされます。

その間に、7日毎に決まった仏様に7回逢われます。

その際に行うのが、初七日忌や二七日忌等であります。

総称して、お逮夜(たいや)法要といいます。

遺族にとっては、故人の冥福を祈り、喪に服する期間であり、忌中(きちゅう)

といいます。その期間を終えることを、忌明け(きあけ)といい、

四十九日の法要を営みます。

 

亡くなられた方が七日毎に逢われる仏様は下記の通りです

初七日忌(しょなぬかき)不動明王(ふどうみょうおう)

二七日忌(ふたなぬかき)釈迦如来(しゃかにょらい)

三七日忌(みなのかき)  文殊菩薩(もんじゅぼさつ)

四七日忌(よつなのかき) 普賢菩薩(ふげんぼさつ)

五七日忌(いつなのかき) 地蔵菩薩(じぞうぼさつ)

六七日忌(むなのかき)   弥勒菩薩(みろくぼさつ)

七七日忌(しちなのかき)  薬師如来(やくしにょらい)

*四七日(よんひちにち)】

 

それぞれの仏様や仏様の前での故人についての説明

・不動明王(初七日)

恐ろしい形相で、右手には剣と左手には縄、背には火をまとい、

片目を閉じていらっしゃる仏様です。

恐ろしい形相は、人間の心にあるたくさんの煩悩や邪悪な心をいましめる為。

右手の剣は、煩悩や悪い人間関係を断ち切る為。

左手の縄は、邪悪な心や苦しめる悪いものを縛る為。

背中の火は、外敵や心の煩悩を焼き払う為。

開いた片目は一筋に迷うものを見つめ、閉じられた目には

母のような慈愛の涙がうかんでいます。

故人は、不動明王の前で過去の懺悔をされています。

 

釈迦如来(二七日)

紫がかった金色をしていて、三十二相・八十好種の特徴を備えておられます。

“三十二相・八十好種”とは、人相・手相・骨相や足相など三十二の気高い相と

八十の美しい特徴を持っておられることです。

全てのものに慈悲の心をかけ、どのような人の懺悔でも聞き入れ

改心させなければならない役目を持っておられます。

故人は、不動明王の前で懺悔したように、ここでも前世の行いを懺悔します。

文殊菩薩(三七日)

獅子に乗り、右手に剣を持ち、左手に経典を持っておられます。

右手の剣は、物事を正しく判断する知恵の力を与える為。

左手の経典は真理の聖典であり、萬物の仕組みや道理が記されております。

故人は、文殊菩薩さまには智慧を授かります。

 

普賢菩薩(四七日)

優しい顔立ちをし、白い象に乗っておられます。

白は清くけがれないことを表し、象は大きく柔らかい体をしていますが、

とても辛抱強く、いつも落ち着いています。

相対するものへ清く優しい慈悲の心を持ち、辛抱強くなるようにと願っておられます。

普賢菩薩さまは、施し・戒律・忍耐・精進・精神集中・智慧の獲得による修行で

悟られた仏様です。

故人には、修行で得たすべてのことを授けて下さります。

 

地蔵菩薩(五七日)

地蔵菩薩とは、私たちに大変馴染み深い“お地蔵様”のことです。

大地の蔵という意味の名で、五つの徳を持っておられます。

1.どのようなものでも平等に乗せる。

2.萬物を生み出す。

3.萬物を育てる。

4.じっと辛抱する。

5.すべてを包み込む。

大きな徳を持った地蔵菩薩さまは、病魔や苦しみを取り、徳を与えて下さります。

また、どのような所でも参られ、すべてのものを救われます。

故人は、地蔵菩薩さまに、苦しみを取ってもらい徳を授けていただきます。

 

弥勒菩薩(六七日)

弥勒菩薩さまは、慈愛の仏様です。

お釈迦様と堅い約束をされております。

お釈迦様が涅槃に入られて(涅槃に入る:お釈迦様が亡くなられること)、

五十六億七千万年後に、お釈迦様の代わりに、この世の人々の救済を誓われています。

故人は、弥勒菩薩さまに慈愛の心を授かります。

自分自身の悟りだけでなく、他のものの悟りへの手助けを教わります。

 

薬師如来(七七日・四十九日)

左手には薬壺を持ち、右手には印を組んでおられます。

薬壺からは、そのものに応じた薬を取り出し与えて下さります。

右手の印は、“施無畏の印”といい手の平を外に向け親指だけ折り曲げているものです。

これは、“あなたの不安な心や、恐怖心を取り除いてあげますよ”という印です。

故人は、これまで仏様の導きにより、懺悔し、知恵を授かり、苦しみを取って頂きました。

薬師如来さまには、後生が定まる前に最後の確認をくださいます。

ここで、まだ苦しみが残っている場合、それを取り除いて下さいます。

 

とても重要な四十九日間

ご葬儀後に、故人が仏様に七回逢われ修行を行っておられる49日間は、大変重要なものと考えております。

遺族の方の都合もありますが、7日毎の法事・法要での供養を行って頂くようお願いしております。

供養をするということは、善行を積むこととされており、それは功徳を積むと同じ意です。

功徳は、故人の魂を磨き、遺族の方たちの魂も磨きます。

ただ、世間体があり供養をするや、自分自身に返ってくるからというような気持ではなく、損得を超えたところで、心から故人への感謝の念を持ち、冥福を祈り喪に服すのが大事です。

どうぞ、その心を持って、ご供養いただければ幸いです。

1 2
今日の予定