ぷち豆知識

2022-07-17 12:26:00

夏の土用

20日から夏の土用ですね。

土用(どよう)とは?

土旺用事(どおうようじ)の略。 

由来などは、過去に何度も説明してますので省略

 

一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。また、この期間を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあります。

 

夏土用期間:7月20日~8月6日

 

最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。

※上記の太陽黄径は入りの日のものです。

※入りの日によって18日間でない場合もあります。約18日間と解釈してください。

 

土用の丑の日

夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる時期にあたるため、江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用の丑の日」と重視し、柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)、お灸をすえたり(土用灸)すると夏バテや病気回復などに効き目があるとされていました。

 

年によっては、土用の期間に丑の日が2回訪れることもあります。この2回目の丑の日を「二の丑」といいます。

 

2022年7月23日 、8月4日(二の丑)

 

うなぎ

7月の土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテをしないといわれています。

 

実はこの風習、江戸時代の万能学者であり、発明家でもある平賀源内が仕掛けたものだったんです。

知り合いのうなぎ屋さんが夏はうなぎが売れないと困っていたのを見て、店の前に「土用丑の日、うなぎの日」という貼り紙をしたのです。

これが大当たりして、土用の丑の日にうなぎを食べる風習となりました。元々この日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えがありましたので「う」のつく食べ物=「うなぎ」として定着したのでしょう。

栄養たっぷりのうなぎを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょ。

 

土用の虫干し・土用干し

夏土用の時期に、カビや虫の害から守るため、衣類や書物に風を通して陰干することを土用の虫干しといいます。

 

また、この期間は田んぼに水を入れず、土をひび割れ状態にします。これは雑菌の繁殖を抑える効果があり、根がしっかりと張るんだそうです。

 

梅干しの天日干しもこの時期です。

 

土用にしてはいけないこと

・土を犯してはいけない(土を掘り起こしてはいけない)。

土用の期間は、土を司る土公神(どくしん・どくじん)という神様が支配するといわれ、土を動かしてはいけないとされてきました。今でも、家などを建築する際、土を掘り起こしたりする基礎工事などは土用の期間をはずす方が多いようです。

土用は季節の変わり目ですから、農作業で体調を崩さないようにとの戒めもあると思われます。

 

土用の間日(まび)

土用の期間中土を掘り起こしてはいけないとなると、いろいろと支障が出てきそうですね。でもご安心あれ。土公神が天上に行き、地上にいなくなる「間日(まび)」が設けられているので、この日は作業をしてもいいとされています。

夏土用の間日:卯・辰・申の日

 ※2022年は7月25日・26日・30日、8月6日

 

・土を掘り起こす作業をしない。

夏土用

・暑中見舞いを出す。

・衣類や書物の虫干しをする。

・梅干しの天日干しをする。

・薬草などを入れたお風呂に入る。

・うなぎや梅干しなど「う」のついたものを食べる。

 

うなぎ、梅干し、瓜、うどんなど「う」のついた食べ物

土用の丑の日のうなぎは有名ですが、昔からこの日に「う」のつくものを食べると病気にならないといわれてきました。

例えば「梅干し」「瓜」「うどん」など。いずれも、食が細くなる夏に食べやすいものですね。このような言い伝えは先人たちのありがたいアドバイスともいえるわけです。

 

全国には他にも「土用~」という食べ物があります。

土用餅 土用しじみ など

参考までに

#雑学 #土用 #土用の丑の日 #土用干し #土用丑の日 #土用の丑 #うなぎ #鰻 #ウナギ #間日 

2022-04-15 20:47:00

春の土用4月17日〜5月4日まで

春の土用

春土用:4月17日~5月4日 

 

土用期間にしては行けない事を

しても良い日を間日といい

春土用の間日:巳・午・酉の日

 ※2022年は4月22日・23日・26日、5月4日

 

春の土用は五月病になったり、やる気が無くなることに注意が必要といわれています。

春の土用は戌(いぬ)の日に「い」のつくものや白いものを食べるといいそうです。

「いわし」「いちご」「イカ」「いんげん豆」「芋」「大根」「しらす」など

2022年の土用戌の日は4月27日(水)です。

 

土用期間にしてはいけないこと

「土を犯してはいけない

(土を掘り起こしてはいけない)」

土を司る土公神(どくしん・どこうしん)という神様が支配するといわれ、

土を動かしてはいけないとされてきました。

してはいけないこと↓

☆土をいじること

・地鎮祭

・造園・土木・エクステリア工事

・土を動かすこと(盛り土・穴掘り含む)

・井戸掘り

・土いじり(ガーデニング含む)

・新居の購入

・増改築、リフォームを始めること

☆移動すること

・引越し

・吉方位旅行

☆新しく物事をスタートさせること

・開店・開業

・新規プロジェクトの着工

・新規の契約

・就職・転職

・結婚・結納

・新居の購入

土用にしてはダメな事が多い理由。

それは「土用期間はパワーダウン期間」だから!

その間は間日を活用しましょう!

2022-01-15 17:38:00

冬の土用

 2022年の冬土用は1月17日~2月3日まで

土用というのは、「土旺用事(どおうようじ)」を略した言葉。
「土旺用事(どおうようじ)」には、「新しい命を育てて、古い命が還っていく土が最も旺盛に働く期間のこと」という意味があり、
季節が終わり、新しい季節に移り変わっていく、「季節の変わり目」のこと。
一年には「春土用」「夏土用」「秋土用」「冬土用」の4つの土用があります。
2022年の冬土用では、1月24日が丑の日
「土用の丑の日」というのは、「土用の期間に訪れる丑の日」のこと。
「丑の日」は「春土用」「夏土用」「秋土用」「冬土用」それぞれに存在しています。
「丑」といえば十二支の2番目で、昔は日にちや時間にも、それぞれ十二支を当てはめて使われていました。
2022年冬土用の「間日(まび)」は1月25日・26日・28日
土用の期間には、やってはいけないことや注意しなければいけないことがあります。
「間日(まび)」というものは、土用の期間にやってはいけないことを、やっても良い日とされて
いる日の事。
やってはいけないこと
土用の期間には「土公神(どくじん)」という土を司る神様によって支配されると考えられ、土用の時期には土を動かすことはすべて「凶」となるとされています。
土を掘る、土を触るガーデニングや草むしり、家やビルを建てるための基礎工事など
「新しいことを始めない」
「就職」「転職」「結婚」「結納」「新居の購入」「開業」「開店」「契約」など
穴を開ける事も注意。「柱」「壁」や「ピアス」も気をつけましょう
「土用殺」
土用の時期には誰であっても絶対に行ってはいけない、とされている方角(住んでいる家を基準に)
「春土用」は「南東」、「夏土用」は「南西」、「秋土用」は「北西」、「冬土用」では「北東」
「北東」は主に「変化」「家族」「不動産」などを司っている方角
「土用殺」では悪い方向へしか向きません。
状況が悪くなる、家族にトラブル、引っ越しを機に悪いことばかりが起こる、事故に遭ったり、ケガ、不運に見舞われ、災難続きとなってしまうので、注意が必要。
冬土用に食べると良いのは、「ひ」のつくものや、赤い食べ物
各土用には食べると良い、とされているものがある。
「春土用」では、「戌の日」に、「い」がつくものや、白いものを食べると良いとされていて、いちごや芋、イカなど。
「夏土用」では、「丑の日」に「う」のつくものや、黒いものが良いとされていて、うなぎを筆頭に、梅干しやうどんなど。
「秋土用」では、「辰の日」に「た」のつくもの、青いものを食べるのが良いとされているので、玉ねぎや大根、サンマなど。
「冬土用」は「未の日」に「ひ」が付く食べ物や、赤い食べ物が良いといわれている。
2022年の「冬土用」では、1月18日、30日が「未の日」
ピーマン、挽き肉、ひじき、ピーナッツ、ピザ
、ビスケットやピスタチオなど
赤い食べ物といえば、トマトやニンジン、赤パプリカ、赤ぶどうなど。
季節の変わり目といえば、体調を崩しやすい時期
健康管理には、特に気をつけてほしい時期。
免疫力を高めるものを食べ、しっかり寝て体力を回復しておくなど、基礎体力も上げていきましょう。

826FAEA7-9C81-4580-879F-47F166911FB9.jpeg

1
今日の予定